心も体も満たされる関係を

妊娠、出産、そして子育て中にすれ違う男女というのは多いと思います。
友人(女性)は出産を期にセックスレスになり、旦那に頼み込むようにしないと夜の営みが出来ない状態でした。

女性側から頭を下げて、してくださいとお願いするのは正直辛く、断られた時の傷つきも大きいと話していました。
そんな状態が2年ほど続き、友人は別居、ついに離婚を決意するに至りました。
理由はレスであることももちろん、修復出来ないと感じるほど信頼関係が崩れたためということです。
話し合う機会を設けても「もう出来ない」の一点張りで、性欲の処理をどのようにしているかについても疑念が浮かぶばかりだったと言います。
それでも、協議離婚が成立するまでさらに1年かかり、離婚した途端に友人も開放されたのか新しい恋を見つけていました。
女として愛されているという実感が持てないままの結婚生活に、意味を見い出せなくなると、子どものために継続したくても出来ないと言った友人の言葉が思い出されます。
性に対する価値観は人それぞれでしょうが、パートナーと一致しないことですれ違いが起き、精神的にも崩壊しかけていく場面を間の当たりにしました。
レスの間、浮気など一切せずに堪えていた彼女が、この先は心も体も満たされる関係を築いていくことができたらと願うばかりです。