「結婚は我慢」という考え方について

結婚は我慢だ。
結婚して間もない、私の友人の迷言?です。
彼が言うには、結婚と恋愛は別物である、と。

一緒にいる時間とともに恋愛感情は薄れていくし、我慢しなければならないことがひとつずつ増えていく。
それが、結婚である、と。
まぁ、その通りなんでしょうけど・・・なんだか身も蓋もない話で、まだ結婚を経験していない身としてはがっかりしてしまいます。

一方、結婚して我慢が増えたなんてことはひとつもない、という友人もいます。
彼女の意見としては、結婚は恋愛の延長線上にある、と。
人によって、こうも見方が変わるんですね。

結局のところ、その人の価値観によるわけなんですよね。
結婚と恋愛を別物として考えている人と、そうでない人と。
私はどちらなんだろう?と考えてみましたが・・・結婚したことがないので、答えは出ません。
願わくば、結婚と恋愛、どちらもいいとこ取りしたいです。
なんて、無理な話ですかね。

私の理想の結婚生活。
それは、お互いが我慢をしないでのびのびいられることなんです。
せっかく縁あって結婚したのに、我慢の連続でストレスが溜まるなんてごめんです。
そうならないためには、小さなことでもよく話し合うことが大事なんじゃないかなぁと素人考えで思ってしまいますが・・・もしかすると、それってすごく難しいことなのかもしれません。
だって、それができるならポンポン離婚したりしませんよね。

理想と現実は違うものなんでしょうけど、理想に近づけるように努力することはできると思います。
いつかくる将来のために。
今から、心の準備だけでもしておこうと思います。