恋愛中で結婚したい

高校1年生の時に好きになった部活の先輩は私の初恋の人でした。
意を決して先輩に告白しましたが、受験勉強に集中したいからと振られました。
ですが、忘れられなくて電話番号だけ残しておきました。

それから5年間音信不通で、お互い連絡を取り合うことなく過ごしました。
ある日突然その先輩からLINEがきました。
私が電話番号を残していたので、きっと友達かもに表示されていたんだと思います。
先輩が連絡をくれてから、お互い知らない空白の5年間何があったのか報告会が始まりました。
自分の夢や相手の職業は、高校生の時お互いに話したことと一致しました。
当時こんなことがあったね、とか話していくうちに、5年間の溝はうまっていったように感じました。
そして、私たちは付き合うことになりました。

恋愛と結婚

・バラの本数の意味
1本…一目ぼれ。
3本…告白。
11本…最愛。
50本…恒久。
99本…とこしえの愛。
100本…年老いてもともに。
108本…結婚してください。
365本…毎日恋しくてたまらない。
999本…何度生まれ変わってもまたあなたを愛します。
・セックスについて
アメリカのオハイオ州立大学の調査によると、男性は1日19回セックスのことを考えている。
(ちなみに女性と比べると、それでも10倍の頻度)「自分はセックスのこと考えすぎ(考えなさすぎ)なのでは……」と悩んでいた方のとってはひとつの参考になる数字かもしれない。
・交際の期間
顔より下を見る男性はすぐに体の関係を望んでいる傾向が強い。
男性が、顔よりも下の方を気にしているならば「短期的に」早く落としたい。
女性の顔をよく見る男性は、「長期的な」交際を望んでいる。

友達の胃袋をつかんだ料理上手な奥さん

新婚2年目の友達には、料理上手で何をやらせても完璧な奥さんがいます。

私の友達に新婚2年目のH君という人がいるんですが、H君の奥さんがものすごくできた人で、女の私でさえ惚れそうなぐらいなんです。
なにがすごいって、調理師と栄養士の資格を持っていて、とっても料理上手なんです。
お料理だけではなく、掃除洗濯子育て、何をやらせても完璧。
H君、いい奥さんをもらったなぁ~とつくづく思います。

「男の胃袋をつかむ」とよく言いますが、それって本当なんだなぁと思わせる出来事がありました。
H君含む数名の友達と飲みに行った時のこと。
その日は2時間の飲み放題で、お料理はコースで頼んでいました。
結構おいしいお料理を出すところで、みんなおいしいおいしいと食べていたんですが、H君だけ食がすすまないようでした。
お通しとおつまみをちょこちょこつまむ位で、メインの料理には一切手をつけないH君。
「食べないの?」「胃の調子でも悪いの?」とみんなにつっこまれたH君でしたが、「家帰って食べた方がおいしいもん」としゃあしゃあと答えていました。
そんな回答、思っていても恥ずかしくてなかなか言えないと思うんですが・・・。
案の定、周りのみんなにからかわれまくってました。

男と女の結びつき

その飲み会の時にH君に聞いてびっくりしたんですが、なんと奥さん、結婚してから一度も同じ料理を出したことがないそうです。
カレーはカレーでもグリーンカレー、チキンカレー、夏野菜カレーというふうに、味付けを変えて出してくれるんだとか。
そんな奥さん、私も欲しいです。

二次会もあったんですが、H君は一次会が終わるといそいそと帰路につきました。
おいしいご飯を作ってくれる奥さんがいると、一刻も早く家に帰りたくなるんでしょうね。
夫婦円満の秘訣を身をもって教えてくれたH君夫婦。
憧れのおしどり夫婦です。