恋愛をしていたころの気持ちを思い出す

恋愛中のカップルの場合は相手を知る努力をお互いにすることです。

恋愛は妄想とは違い、現実にいる人で自分とは異なる環境で育ってきている人になります。
当たり前ですが、自分の思い通りに相手が動く、なることはないので変化や相手の価値観を知り、そのことを楽しめることが大切です。
夫婦の場合は共同生活となるため、相手に期待をしすぎると息がつまってくるので、互いに自分の出来ることを生活の中で行う、ゆるめの関係がいいです。
例えば、スマホで遊んでないで食器を洗ってほしい、週末は毎回どこかへ連れていってほしいと考えるのは期待になります。
きちんと伝える、もしくは自分のことは自分で行うことです。
どちらかに重く負担がかかると、必ずどこかで破綻します。
また、日常を共に過ごして行く関係であるため、恋愛とは違い、毎日顔を合わせるため、少しずつマンネリな生活になります。
そのため、定期的にどこかへ出かけたり、掃除や料理を一緒にしたり、二人で出来る共同作業を計画するなど、少しの非日常を加えていくと、恋愛をしていたころの気持ちを思い出すことができます。
恋愛をせずに、婚活で結婚をした場合でもお互いの嗜好を知り、日常生活での話のタネになるのでおすすめです。