自分から告白するべきだったと今思う

就職して2年が経った頃、同じ職場に素敵な男性が別の部署から移動になってきました。
色が黒くてすらりとしたお洒落な彼は、本当に女性が好きになりそうなイケメンでした。
私も一目ぼれのような形でトキメク。
でも、私なんかに手が届くわけもなく、気持ちを伝えることもなく時が流れました。

その後、その方は凄く綺麗な方と結婚したそうです。
聞くところによると、美男美女のお似合いのカップルだったそうです。
私は、ずっと自分に自信が無ければ恋愛なんかできないと思っていました。
人並み以上でなければ、ちゃんと付き合うことなどできないとも思っていました。
でもそれはどうやら違うようです。
私がくだらない価値観の持ち主だっただけのようです。
人の価値や良さは、見た目だけでは判断できません。
ただ、自分に自信が無いと恋に臆病になってしまうのは事実。
ですから、本当の姿がどうであってもとりあえず自信を持つと言うか、自分を好きになるべきだと私は思うのです。
もしあの頃の私が自分に自信を持てる女性であったら、彼に気持ちを伝えたでしょうか?
そんな風に考えてみたりするのですが、答えはきっとノーです。
私は自分から気持ちを伝えることができない弱虫。
考えて見れば、今まで一度も自分から「好き」と相手に伝えたことはありません。
ズルいですよね。
本当にズルいと思います。
今後誰かに好きと伝えるようなことはないでしょう。
なぜなら私は既婚者だからです。
今になって、いつも告白する勇気が無かった自分のことをとても残念だなと思うのです。