恋愛は好きになる人によって良く働けば悪い方向の恋も存在する

恋愛は人生においてとても大切なものですが、
その恋愛という感情のせいで、
肝心なことに対して熱を入れることができないとか、
そんな強い精神を持っていない私は、
恋愛にすぐ影響を受けてしまいます。

例えば、数年前あったことです。
当時好きだった男の子に嫌われるような発言をしてしまった数時間、
常にそのことばかり考えます。
一日が過ぎて、また男の子が話しかけてくれれば
元通りになればいいのですが、
そうならなかったときの自分の心の落差には
自分でも驚きを隠せません。
そして気にしている機関は終始勉強に集中できず、
彼のことばかり考えてしまうのです。
まぁ、中学生時代の話なので
仕方がなかった部分もあるかとは思いますが。
それでも、当時の私は少し考えすぎてしまっていたと思います。
あの経験をもとに、
私は女子高へ行き恋愛とは離れた生活を送るようになりました。
そのおかげで、今では感情に振り回されながら
勉強をするということは大分無くなりました、

男と女の仲は複雑

恋は盲目というのはまさにその通りで、
当時は素敵だと思っていても、
時間が経って思い返すとそうでもなかった。
みたいな。
学生時代は恋愛も大切ですとは言いますが、
やはりまず第一に勉学です。
その上に恋愛や趣味などが乗っているのであって、
学生の本分は勉強です。それを忘れず生活していきたいです。

ひとりモンモンとしている事はありません

夫は毎日求めてくる。
言葉では「もう寝る、寝よう」と言うのだが、寝ながら胸を揉んでいるとムラムラとしてくるらしく、結局身体を求めてくる。

セックスレスに突入したと思った矢先にセックスレスが解消しました。
喧嘩をした次の日にセックスを求められることが非常に不愉快と思っています。
好きだ、愛している、と求められることは喜ばしいですが、身体を許してはどうも喧嘩の内容についても許してしまうように感じる為、セックスを拒否していました。
求められても応えない日々をひと月、その間は夫に何を言われても性行為に関係する行為は拒否し続けます。
その間、夫は喧嘩については特段反省することはなく、セックスができないことに対してのみ不満を口にしていました。
また、求められても応えない私の反応を余所に自慰行為を行っているような状態でした。
しかし、一向に反省する様子が見受けられない態度に私も段々と意地になってしまい、絶対に身体を許すものか、と問題の論点がずれていることを自覚しつつもセックスを拒絶し続けました。
このような経緯でセックスレスに突入していくのだろうか、と思っていました。

心だけでなく体もつながりたい

そんな矢先、段々と喧嘩の内容に対して許してきた私の反応を察知したのか、またはただ意地で拒否していることに気付いたのか、ある朝方、夫は寝ぼけている無防備な私をゆっくりと求めてきました。
私は思考がおぼつかず、ただあるがままの快感を受け入れてしまいました。
こうして、セックスレスに突入していくかと思った矢先にセックスレスは解消してしまいました。

無修正の素人アダルト動画
素人アダルト無修正動画
アダルト動画無修正は、天然むすめ、エッチな4610、ムラムラってくる素人のサイトなど
www.theatricalmime.com/